企業情報

健康経営取組状況


1.「SWS東日本健康宣言」を策定


 SWS東日本株式会社(本社:岩手県一関市、以下SWS東日本)は、「健康経営」の観点から健康づくり、健康保持促進サポートの推進を図り、年齢を重ねても活き活きと心身ともに健康に働けるよう、健康宣言を策定いたしました。

SWS東日本は、「健康宣言」に基づき、社員の健康づくりを積極的に推進して参ります。

 

健康宣言


2.健康経営推進体制

健康経営推進体制


3.当社方針・目指すべき姿


 ≪衛生方針≫

  「従業員一人ひとりの健康は活気ある企業の源である」

    従業員が心身ともに健康であることは、本人とその家族の幸福な生活、活気ある職場

    のために重要な課題であることを認識し、個別的な健康管理のみならず健康経営を推

    進し、全社的な健康づくりに取り組む。


 ≪目指すべき姿≫

    従業員は人財。一人ひとりの心身の健康を経営課題として捉え、社会的貢献と企業業

    績向上につなげて、会社の持続的成長を行う。

    従業員一人ひとりのこころと身体の健康づくりと、活気のある職場環境づくりにより

    世界で一番働きがいのある、活力ある会社にする。

     ① 従業員一人ひとりが心身の健康問題について理解し、健康づくりにおけるそれ

       ぞれの役割を果たせるようにする。

     ② 従業員一人ひとりが健康意識を高め、自覚をもって早期対策に努める。

     ③ 職場環境による心の健康問題を発生させない。

     ④ 円滑なコミュニケーションの推進により活気のある職場づくりを行う。


4.健康経営の主な取り組み


  「世界で一番働きがいのある、活力ある会社」に向け、更なる取り組みを推進する。


 【法令遵守の徹底】

   ・定期健診、特定業務従事者健診の受診率100%

     定期健診、特定業務従事者健診の受診率100%、事後措置100%フォロー継続


 【健康労働寿命・貢献寿命の延伸(労働力確保)】

   ・高ストレス職場に対する支援の強化

     ストレスチェック実施(管理監督者教育、集団分析結果のフィードバック)

   ・有所見者、高ストレス者の早期対策推進

     特定保健指導の実施・定着

     生活習慣病の発症リスクが高い従業員、高ストレス状態の従業員のフォロー

   ・禁煙啓発強化

     世界禁煙デーイベントや、禁煙ダービーの開催


 【健康づくり啓発活動】

   ・従業員の健康意識向上

     私の健康宣言実践キャンペーン

     運動機会啓発イベント

     (2名~10名による、ランニング・ウォーキング のチーム対抗戦など)


5.実績・目標


 

2021年度実績

2022年度目標

健康診断

定期健康診断受診率

100.0

100.0

二次健診受診率

82.1

85%以上

特定保健指導実施率

10.0%以上

ストレスチェック

ストレスチェック受検率

99.6

100.0

高ストレス者率

13.9

12.0%以下

総合健康リスク

113

110以下